TOP

デキる大人の風俗利用方法は違います!体験談からわかるテクニックを実践してみてください!

女の子も喜んでくれました

ソープ嬢とのプレイの真っ最中です。私も気持ちよくなりたいことを伝え、ノースキンにて、正常位で挿入です。相変わらず、早漏気味の速射で一回戦終了です。インターバルの後、バスルームにてスケベ椅子プレイからの座ったままバックでの2回戦、バスタブでの潜望鏡、マットでの壺洗いやシックスナイン等を経ての騎乗位での3回戦、そして、ここで小休止の栄養ドリンクをもらいつつ再びベッドでのバック〜正常位での4回戦と体力自慢の早漏ならではの持久力で120分間大いに楽しみました。プレイ終了後、ボディを洗ってもらって、着衣中にソープ嬢の名刺をもらってベッドに腰掛けながら身支度してる途中でコールが入ります。女の子もこんなに時間ぴったりなのは初めてですとテンション上がりぎみでした。それでも4回戦もつきあってもらいましたからね、こちらこそ感謝ですよ。その後、階段のところでまたディープキッスをしてお別れしました。ソープ嬢も4回戦までは行けると思ってなかったみたいで、すごく喜んでくれてたのが嬉しかったです。

お姉さまの積極的なサービス精神に驚き

同年代の女性と付き合うのが若干苦手な私は風俗を利用する際には決まって年上専門の風俗店ばかりを利用しています。そして今回利用したのは風俗嬢が直接自宅まで訪問してくれるデリヘルで、これだと人目を気にすることなくプレイ出来るから人目を気にしやすい私にとってこれ程便利なお店はありません。しばらく待ってやって来たのは私よりも三つ程年上のお姉さまであるHさん。さすがお客さんとの付き合いが長いHさんだけあって接客上手でしっかり私をリードしながら準備を進めてきてくれるから安心感が半端なく、その上ちょっとした姉弟関係のような気分も味わえるから一石二鳥の楽しみ方も味わえますね。一通り流れるように準備を終えるとまず最初にプレイしたのがディープキス。何でもこれをやらないと気分が乗らないというHさん。それだけに吸い込み具合は元よりもその積極性が半端ないくらいすごく思わずそこで射精しちゃいそうになります。ここはどうにか我慢して次に進むといきなり今度は全身マッサージへと突入。彼女特有の大きな胸に終始圧倒した状態が続き、気づいた時にはもう二回分のフィニッシュを決めてしまいました。

真っ白な肌

真由さんは33才の美人人妻です。こんな美人がデリヘルにいるなんて最初は想像すらしていませんでした。しかし、いるんですよね。本当にこんな美女が。しかも、デリヘルでですよ。こんなに嬉しい事はありませんね。真由さんの最高のチャームポイントは実はその真っ白な肌が特にまぶしく目立つ太股です。短めのスカートの下からすらりと伸びた気脚はとても綺麗過ぎてまぶしいくらいです。その太股を触っているとモチモチしたまるで手のひらにひっついてくるかのような感触がたまりません。そうです、所謂ところのつきたてのお餅のような感触と言ったら良いでしょうか。そして、その太股をずっと上がっていくと真由さんの一番素敵な所があるのです。華奢な体つきであるにも関わらずそこは深く温かい溢れています。舌先で軽く舐め上げると子犬のような声をあげてくれるのがたまりません。白磁器のような太股の間に挟まれるとまるで本当に真由さんの中にいるかのようにも錯覚してしまいます。