無添加化粧水なら敏感肌も安心

“毎日きちんと化粧水で肌をケアしているのに、なぜか肌の調子が良くならない。そんな悩みを持っている方も多いでしょう。そんな時には、敏感肌による化粧水への反応で肌が荒れている、ということが考えられます。肌が普通の人よりも荒れやすく弱い敏感肌の人は、一般的に肌に良いとされている潤い・美白の成分や、化学合成でつくられた成分などに、肌が余計に反応してしまうため、荒れたり余計にカサカサになってしまったりすることがあります。肌に良いとされている化粧水・スキンケアの製品をどれだけ使い続けても、肌質がなんとなく良くならない、という人は、かえってその化粧水が肌に悪影響を与えている、という可能性が考えられるのです。
一般に販売されている化粧水には、添加物が多く含まれていることが多いです。そこで、無添加の製品を使用してみましょう。無添加の化粧水は、保存料や美白成分、化学合成された成分などが含まれていないものが多いため、肌が弱い人でも安心して毎日使い続けることができます。最近は、このようなスキンケア製品にこだわる人が増えているため、このようなナチュラル指向の製品が増えている傾向にあります。
しかし、「無添加」と記載してあるからといって、必ず添加物がゼロ、ということではありません。明確な表記の基準が存在していないため、あいまいな表記になっている商品が多数存在しているのが事実です。新たに購入する前には、購入する予定の製品の評判や口コミなどをきちんと見たうえで、実際に購入した方が良いでしょう。

化粧水は季節によって使い分けるべき理由

“化粧水は、季節ごとに使い分けをすることで美白を維持するための効果を高めることができます。夏場であれば、強力な紫外線から身を守るために、抗酸化作用のある成分を補給することが必要です。夏に使う化粧水には、ビタミンCや緑茶カテキンのような抗酸化成分が配合してあるものを選ぶようにして、外出をした後には化粧水を肌につけて皮膚を保護すると効果的となります。当然ながら、日焼けをすることは出来るだけ避けることが重要です。

冬の季節にも紫外線は強くなりますから、日焼けの対策は必要となります。冬には日焼け予防をすると同時に、乾燥に対する対策もする必要があります。乾燥している寒風に肌をさらすことをすれば、皮膚を傷付けてしまうことになります。乾燥肌をケアすることができる化粧水を使うようにしていれば、冬場の厳しい寒風にさらされても皮膚を守ることができます。冬には肌の保湿を常に保つことが大切です。

季節の変わり目は、何かと体調を崩しやすい時期で、肌にとっても厄介です。寒暖の差が激しくなったり、急に空気が乾燥することがあるのが11月ごろです。秋から冬へと変わる時期には、化粧水の使い分けで特に苦労します。保湿もしなければいけませんが、紫外線からも肌を守るために抗酸化成分が配合されている化粧水を使う必要もあります。その日の天気に合わせても対処法を変えることが有効です。雨の日と晴れた日では肌が受けるダメージも変わってきますから、臨機応変な対応が必要です。”

化粧水の使用期限

化粧水の使用期限は食品の賞味期限のように明確に提示していないので気にしていない人も多いのですが、化粧水はじめとする化粧品全般にも使用期限はあります。薬事法には未開封かつ適度な環境での保管においては3年以上の品質の変化がないと思われるものにおいては使用期限表示の義務はないという記載がありますがこれは封を切ってしまわない状態での適切な環境での保存なので封を切ってしまった化粧水は迅速に使い切ってしまうのが鉄則です。できれば半年でつかいきってしまうのが望ましいですが、その期間も空気やホコリにふれないようにしっかりと蓋をしめ雑菌や菌を混入させないように注意します。火の当たるところでも品質がかわってしまうので冷蔵庫や暗く涼しい場所で保管するのがいいです。どんなに保管場所を気をつけていても色や匂いに変化があったりまた逆に色や匂いに変化がなくても封を切ってから半年以上が経過していたら使わずに破棄した方がよいです。直射日光に当たっていた場合は開封前でも成分が分離してしまったり菌が繁殖している場合があるのでやはり破棄します。使いながら、手や指に触れることでホコリや雑菌が混入してしまうことがあるので直接ボトルに触れることは避けて使い容器の入り口は清潔なティッシュなどで綺麗に保ち液体をふき取ってから蓋を閉めるなど毎回の小さなことで清潔に保てるので面倒がらずに習慣にしていきたいです。メイクではよく使うコットンですが繊維が混入して菌の繁殖につながるので入れ物の掃除には逆効果になります。